どもりは「分解発声法」で治す!

一言吃音と言っても様々な症状があります→どもり(吃音)の主な症状

人によって連発型、伸発、難発とありますが一番症状として重く辛いのが難発ではないかと思います

かく言う私も難発型です

「言葉が出ない」という現象はおおよそ普通の人には理解し難いことです

「言いたいのに出て来ない」

「喉まで来てるのに何かがそれを遮っている」

無理にだそうとすれば「あ、あ、あ、….あ,あ明日の件なんですが!」とどもりまくって

連発型の症状までも併発してしまいます

非常に厄介な難発性吃音ですが最初の一言目、言い始めのきっかけが掴めてしまえば

後半は意外とスムーズに喋れるという特徴もあります

つまり最初の一言目をクリア出来れば吃音の最たる症状である難発性吃音の克服へ

大きく前進する事になります

母音でなく子音で攻めろ

母音とは「あ、い、う、え、お」の事です(「ん」から始まる日本語はほぼ無いと思うので割愛します)

日本語は基本的にこの

「あ、い、う、え、お」の母音+子音で出来ています

子音とは摩擦音や吐く息を歯や唇にぶつけることで出る音です(無声音)

例えば深呼吸して吐く息を声帯を使わないで前歯の裏に当ててみてください

「ス〜〜〜〜〜」

って言う風になりましたか?

これが子音です

日本語は母音とこの子音でできています

「さ」という言葉は

母音は「あ」ですが「あ」の前に声帯を使わない「す〜〜〜」っていう音が含まれているのが

分かると思います

前歯の裏に「す〜〜」と息をぶつけながら母音の「あ」を発音すると

「さ〜」という言葉になると思います

ローマ字に置き換えるともう少し分かりやすくなります

「さ」は

「s」と「a」が合体して「sa」になります

別に英語は出来る必要はありません(私は全く出来ません笑)

「s」の発音は「エス」ですよね?

sa

shi

su

se

so

全部頭に「ス〜」っていっているのがお分かりいただけると思います

そしてここがポイントです

この子音って声帯を使っていませんよね?

つまり息を吐いてるだけなんです

一言目は息の当て方

難発型の吃音は一言目が出て来ないという症状があるとお伝えしました

「喉が詰まって言葉に詰まる」といった感覚です

しかし先程述べた様に声帯を使って発音する前に息の使い方で様々な音を出しているのです

言葉を発声する段階をスローで分解すると子音と母音で分けられています

つまり、

最初の一言目を発声するきっかけをいきなり声帯を使って発音する事ではなく

子音に意識を置いて発音すれば詰まりにくくなるという事です

もう少し例を出してみましょう

例えば「な」という言葉

これは先程の「さ」と違って息の使い方は難し様に思います

何故なら「な」は「さ」の時と比べて「す〜〜」という子音の成分が少ないからで

実際言葉に出してみれば分かると思いますが、「な」は子音という助走無しにいきなり

発音している様に感じられると思います

このケースは「ま」や「た」等にも該当してします

しかしこの場合も対処法はあります

ローマ字を意識して発声

その対処法というのはローマ字に分解して最初のスペルを意識する方法です

  • 「な」はn+a
  • 「ま」はm+a
  • 「た」はt+a

「な」という言葉で詰まる時はn+aの最初の「n」に意識を置きます

分かりやすくすると

「n〜〜〜〜な」

「m〜〜〜〜ま」

「t〜〜〜〜〜た」

という風に発声します

重要なポイントローマ字に分解して最初のスペルに意識を置くという事です

分解して噛み砕く事で発声のハードルを下げる事が出来ます

いきなり

「な」「ま」「た」

という言葉を言おうとせず分解してローマ文字としてとらえる事で段階的に発音出来るので

発声のとっかかりが掴みやすくなり最初の一言目で言葉が詰まりにくくなります

母音のが出にくい場合

「あ、い、う、え、お」の母音が出にくい人は多いようです

私もそうでした

母音が出にくい場合は前述した息の使い方がポイントになります

  • 「あ」

ため息をつく時を想像してください

「はぁ〜……」

「あ」ではなく「ハあ」と息を出しながら発音すると発声しやすいです

「さ」の時の様に息を出しながら発声するのです

  • 「い」

「い」はh+iです

「hi〜〜〜い」

  • 「う」

「う」はh+uです

「hu〜〜〜う」

  • 「え」

「え」はh+e

「he〜〜〜え」

  • 「お」

「お」はh+o

「ho〜〜〜お」

と発音する事で大分発声しやすくなります

苦手な言葉は人それぞれ

最初の言葉を息の使い方ロ−マ字に分解する事で発声のきっかけを掴む事が出来、

詰まりにくくなります

テクニック的要素が強いですが、どもりを治す方法として非常に有効だと思います

一日を振り返りどもってしまったり難発性の吃音がでたりした事を思い返し自分が

「どの言葉が言いにくい言葉なのか?」

「どうしたら言えるのか?」

を研究していました

吃音が発症する原因は一つではないですし様々な要因が絡み合っているケースが多いですが、

思った様に話せる機会が増えるだけでどもりを治す事に大きく前進できます

是非試してみてください

ダメでも他の方法もたくさん他の記事で書いているので参考にしてください

応援してます

 

 

本気で吃音を治したい人はこちらをご覧下さい

唯一私が推奨する治療法です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ