どもり(吃音)が引き起こす悪循環から身を守る

c4a87e080e234ca38f2ef6e12cbd7867_l

どもり(吃音)によってもたらされる悪循環とは

どもり(吃音)になる事によって他人の目を意識してしまい、

人と話す(コミュニケーション)事にますます恐怖心を覚え自信をなくし不安になっていってしまう事です

これは自分が

「上手く話せていない」

「変って思われているに違いない」

「病気って思われたくない」

等という感情により話す事自体を避けようとしてしまいます

吃音の原因は

精神的要因

心理的要因

自律神経

など様々ありますがこの自分がどもり(吃音)であるという発想からくる否定的感情は心的な要因としてあなたのどもり(吃音)に加速を付けてしまう原因となります

 

自分で自分がどもり(吃音)であるということでさらにどもり(吃音)を自分の中で育ててしまう。

知らず知らずのうちに自分で自分をどもり(吃音)の原因の一旦を担ってしまっているのでこの悪循環から一刻も早く抜け出さないといけません。

ストレスは万病の元

ストレスは万病の元と言われているようにあなたがあなたの中でどもり(吃音)であるというストレスを感じれば感じる程どもり(吃音)は治りにくくなり最悪他の病気を併発させてしまう事になってしまいます。

社会不安障害と呼ばれる病気をご存知でしょうか?

会議の場や誰かと話をしたりコミュニケーションをとったりする社会的活動に恐怖心や不安を感じてしまう事です

これはどもり(吃音)患者が吃音である事で人との接触を避けコミュニケーションそのものに不安と恐怖を感じ社会不安障害になってしまう一つに例です

社会不安障害は主に薬物療法、精神療法などがありますが直接どもり(吃音)を治すことにはつながりません

それよりもこの悪循環(自分が吃音であると強く感じ人との接触に不安や恐怖心をもってしまう事でもっと人を避けようとする事)から脱する事がなにより先決です

どもり(吃音)を治す方法は研究され続けており100%の治癒率をもつ方法は現時点ではまだ確率されていませんが、

どもり(吃音)を治す事につながった治療法、プログラムは日本や海外で近年急速に進められています。

自分がどもり(吃音)であるという事を悲観する気持ちは私がそうであったように大変によくわかります。

しかし悲観し、どもり(吃音)である自分にネガティブである事はさらに自分を苦しめてしまう事につながり最悪他の病気も引き寄せてしまいます。

どもり(吃音)である自分を認めしっかりと向き合いこれをどう対処していくか、

今より少しでも恐怖心をなくすにはと考えるように考え方をシフトしていく事が大きな一歩につながります。

 

 

本気で吃音を治したい人はこちらをご覧下さい

唯一私が推奨する治療法です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ