どもり(吃音)はギフト

a99209865069145b03e8fb91164f3be0_l

 

どもり(吃音)はギフトです

 

どもり(吃音)に悩んでいる人からしてみれば反感を買うでしょう

怒りさえ覚えるかもしれません

嫌われてしまうかもしれません

ページを閉じてしまうかもしれません

どれだけ辛いかわかってますか?と言われてしまうかもしれません

私自身どもり(吃音)でしたのでその辛さ痛い程わかります

言わせて下さい

誤解を恐れず敢えて言います

どもり(吃音)はギフトです

どもり(吃音)さえなければ自分の人生はどれほど良い事か」

「もっと人と楽しく話したり自分の気持ちをそのまま伝える事が出来たのに」

そう思うのがもちろん当然ですし、どもり(吃音)に対する最も自然な反応です

私も以前はそう思っていました

しかし、あなたがもし以前の私の様な考えをもっているなら

次の質問をさせてください

 

「あなたがどもり(吃音)を治すために必要な事は何でしょうか?」

 

近年どもり(吃音)の治療に関する研究は

吃音という症状が世に認知された事も手伝い世界中で進められています

しかし、どもり(吃音)も治す明確な治療法は残念ながらまだ開発されていません

あなたが自分がどもり(吃音)である事をどれだけ嘆いても、

自分の人生をどれだけ悲観しても、

どもり(吃音)の症状が弱まったり、改善に向かう事は無いのです

どもり(吃音)を恨み自分自身を嫌っても治るどころかどんどん苦しくなっていくだけです

そうなると対人関係においても不安が先立ち恐怖に支配され、ますます悪化していきます

捉え方を変える

人生に起きる事全てにおいて言える事ですが

物事や身に起きる事の全ては当人の解釈で全て変わります

どもり(吃音)になった自分を恨んだり悲観し運命を呪う事もできますが、

どもり(吃音)になった事で

人の痛みを知る事が出来ます

人生の大きな逆境に屈しなくなります

目が見え、耳も聞こえ、自分の身体は問題無く働いている事を知れます

紙とペンでなく下手でも言葉で意思を伝える事が出来ます

どもり(吃音)の人は繊細で感受性が強く芸術分野で優れているといいます

それらはあなたの人格や性格形成に大きく関わっています

どもり(吃音)であるからこそ、

あなたが知っている事、解る事があるという事を認めてください

どもり(吃音)である事を呪い、憎み、忌み嫌い続けるという選択もあります

しかしあなたがそこで手にする感情は

自己否定、嫌悪感、罪悪感、無力感、恐怖心、憎しみ、不満、

あなた自身の肯定的エネルギーを奪い続ける感情しかありません

このような負の感情をもったまま

どもり(吃音)を治すことは可能でしょうか?

答えはNOです

負の感情をもったまま

あなた自身を魅力的な人に成長させ人生を充実させていく事ができるでしょうか?

それもNOです

あなたがもし自分の人生に悲観しているとすれば

本当はどもり(吃音)のせいではないのです

自分がどもり(吃音)をどのように解釈するか?

これしかありません

自分を苦しめる物で全ての元凶であると解釈する事も出来ますが、

どもり(吃音)はあなたに大きな気づきと成長の種を与えてくれています

どもり(吃音)に関する解釈を変えていってください

どもり(吃音)はあなたに成長のチャンスを与えているのです

どもり(吃音)は学びを与え、成長させる

今までの苦しい事をただ苦しい事、嫌な事で終わらせてしまうのでなく解釈を変える事で

全てあなたの成長のきっかけになります

全ての試練は乗り越えられるからこそ自分に現れます

どもり(吃音)があなたを苦しめているのでなく

どもり(吃音)に対するあなたの解釈が自分自身を苦しめているのです

どう解釈するかで物事は180度変わります

自分を成長させる物にもなれば

自分を悲劇に追いやる物にもなります

同じ事が身に起きてもそれは自分自身の捉え方ですべて変わります

もちろん初めは苦しいし受け入れ難いかもしれませんが

どもり(吃音)をあなたの成長のきっかけとするには解釈を変えるしかありません

あなたが負の側面でなく解釈を変え物事の良い面を見い出し自分が成長する事に働きかけた時、

それはどもり(吃音)を治す事に繋がるか?

答えはYESです

 

 

本気で吃音を治したい人はこちらをご覧下さい

唯一私が推奨する治療法です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ